木々の葉の揺らぎ、水面の影など映る透明な画面をどうやって芸術と捉えるか、陰翳礼讃にヒントがある気がします。