鶴を描く。師寺田弘仭の鶴を思い出しながらようやく描く気持ちになってきた。せめて坊さんの描く鶴の意味を加えていくと「鶴林」とか鹿を登場させて描く構図に行き着く。