日本の絵画材料の新しい提案

美術館を捨てて街に出よう

日本画材料と油絵・アクリルなどを自由自在に混ぜて それぞれの特性を生かした新しい表現を目指すための 全ての絵画材料が日本に存在しているこの時代に 私は「敦煌から始まる旅」に行ってきます 1:日本画の膠・紙・胡粉などすべてに新しい考え方を取り入れた絵画材料 2:従来の油絵具・アクリルなどの絵画材料 これらを自由自在に混ぜて使うことで 絵が美術館から飛び出して街のビルや自然な岩壁などに こちらから飛び出して行って大勢の人に見てもらう新しい芸術に生まれ変わる

その目標に辿りつくための長い旅の始まりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください