「百椿図」

百余種の椿が描かれている

筆者は京狩野派の祖・狩野山楽

様々な器物を花器に見立てて椿を描く

江戸時代の「フラワーアレンジメント」のような

しゃれた構図だ