日本画家・僧侶秋元了典の公式ホームページです

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

秋元 了典 Ryoden Akimoto
日本画家。
天台宗僧侶(東京・浅草寺)
四条円山派(円山応挙)を継承する。
主に花鳥画、仏画。

■昭和28年8月13日生まれ
■昭和48年4月 日本画家寺田弘仭に師事。内弟子となる。
■昭和53年6月 新美術協会展(東京美術館)に初入選。
■昭和56年6月 新美術協会展・奨励賞
■昭和58年6月 新美術協会展・会員大賞(以後各賞受賞)
■昭和61年3月~9月 中国・桂林に中国画の研修・留学。
桂林画院特別会員となる。
■昭和61年11月 茨城県取手市「東急」にて桂林画院特別展共同出品。
■昭和63年4月 新美術協会退会、以後無所属。

■平成元年6月 比叡山延暦寺にて受戒得度。
このころから、本格的仏教絵画の研究をはじめる。
浅草寺奉職。
■平成3年4月 日本画・仏画研究会「道の会」設立。主宰。
■平成4年3月 道の会展。以後毎年。
■平成6年9月 朝日ギャラリー(東京・銀座)にて作品展。
■平成7年 茨城県八郷町(現石岡市)に山中に制作と思索のため「草心庵」をむすぶ。
■平成8年7月 東京セントラル美術館(東京・銀座)にて作品展。
以後、京都、福井など巡回展示。
■平成8年10月 常盤画廊(神奈川)にて個展
■平成10年7月 中国・敦煌の広大な砂漠に現代の石窟壁画を描く
プロジェクトに日本人画家としてただ一人参加。
以後、このプロジェクト推進の責任者
■平成13年〜14年 中国・敦煌の現代石窟壁画プロジェクトのため、中国各地をしばしば訪れる。
■平成15年 2008年完成予定の大曼荼羅「浄土変相図」の制作に没頭。
■平成15年3月 東京・浅草松屋にて「現代石窟プロジェクト」展開催。
■平成16年3月 朝日ギャラリー(東京・銀座)にて作品展。
■平成18年3月 日本橋小津博物舗(東京・日本橋)2Fギャラリーにて「心の写し絵」展開催。
■平成19年4月 NHKララジオ深夜便「心の時代」で現代石窟について語る。
以後、現代石窟の造営・構想について総合的に指揮
■平成20年2月 中国・揚州 大明寺(鑑真ゆかりの寺)の仏教文化研究院にて、日本仏教文化史を教える。
■平成22年7月 中国・上海万博の「現代の遣唐使」として揚州 大明寺に「鑑真像里帰りプロジェクト」に尽力。
■平成23年4月 都内各地で「写経・写仏」の指導を行い、多くの人に勧める。
以後、この活動を続けている。
■平成24年7月 東京・浅草寺本堂部退職。

■平成25年9月 中国西安、敦煌~シルクロード各地を歴訪

■平成26年3月 西安青龍寺に「雷神」収蔵

■平成27年2月 日本橋小津ギャラリーで個展「山河巡礼」展

7月 茨城県雨引山にて個展「山河巡礼」展

9月 台湾(台北)で国際芸術家村調査・視察

〒315-0103 茨城県石岡市中戸1274-15

TEL:0299-56-2530

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 0299-56-2530 FAX 0299-56-2531

PAGETOP
Copyright © 画僧秋元了典の仕事部屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.